1. E&M JOBS ホーム>
  2. 生産技術・製造技術[機械]>
  3. 設備保全

求人情報の一部をご紹介しております。求人への応募をご検討いただく際にはより詳細な内容をお伝えいたします。

# 自動車・輸送

情報確認日2024/4/17

豊田鉄工

設備保全

求人情報

年収 381万円~543万円
勤務地 愛知県豊田市細谷町4丁目50,愛知県豊田市篠原町敷田37番8,愛知県豊田市広久手町6-8,愛知県岡崎市中伊西町字大皿田8番地4
※従業員専用駐車場有/自転車通勤も可能です。
職務内容 同社にて、自動車の骨格部品などをつくる工場で部品をつくる為の設備の型を作成したり、修理等していただきます。

【具体的には】
・組付機、溶接機、プレス機等の設備、鉄・樹脂製品金型の修理(保全)
・金型製作など
※設備設置の実務は業務外の為工事作業等は発生しません。

<勤務パターン>
6:25~15:05
16:10~0:50
<その他就業時間補足>
■交代制:1日実働7時間50分
■残業月平均24h
■直間は繁閑により変動する可能性がございます
出張場所・頻度 場合により有
英語 場合により使用いたします。
必要な経験・資格 【必須要件】以下、いずれかのご経験をお持ちの方
・自社工場内設備保全の経験者(プレス機、溶接機歓迎)
・FE経験者(客先設備の保全)
雇用条件
雇用形態
:正社員
転勤の有無
:場合により有り
就業時間
:8:30~17:15
給与形態
:月給制
教育・研修制度 階層別教育(統計的品質管理基礎、中堅基礎研修、中堅実力研修、基幹職研修)、基礎教育、自己啓発(英会話教室等)、国家技能検定(製図等)、専門教育(社外講習等への参加)等

企業情報

基本情報
設立
:1946年
従業員数
:15669名
資本金
:2,223百万円
事業内容・沿革 ■自動車部品製造(ボデー部品、シャシー部品、樹脂内装部品、電子部品など)
■プレス金型・樹脂金型の設計製作 ■水耕野菜/露地野菜の栽培・加工
<沿革>
1946年 トヨタ自動車工業、加藤鐵工所、挙母航空機部品製作所の出資により、前身となる挙母鐵工(株)を設立
1959年 豊田鉄工(株)に社名変更
1995年 インドネシアに初の海外合弁会社となるNTC社設立
2013年 タイに子会社TTTH社を設立
2014年 米国に合弁会社FTIC社設立
2016年 メキシコに子会社TTMX社を設立
2019年 米国に合弁会社YKTA社を設立
企業の特徴 【概要・特徴】
トヨタ系例の鋼板・樹脂のプレス部品メーカー。主力のボデー部品では超ハイテン(超高張力鋼板)加工技術やホットプレス(熱間プレス)技術を活かし、衝突安全性に優れた製品を多く生み出しています。機能部品のパーキングブレーキは国内トップクラスのシェアを獲得。

【強み】
ニーズに対し柔軟な対応ができる体制が強み。企画開発から試験評価まで一貫して行い、プレス加工に使う金型の一部は社内で設計・製作しています。溶接設備も有しており、ペダル関連製品などを中心に内製化を進めています。さらに、ムダを排除し、ジャストインタイムで生産する「トヨタ生産方式」の徹底により、高品質・低コストの量産を可能としています。

【技術力】
コア技術である溶接とプレスの独自技術を活かした「センターボデーピラー」はトヨタ車の大半に採用されています。また、自動車のフレーム先端に配置する「高効率クラッシュボックス」は衝突エネルギーの吸収能力を2倍にした上、大幅な軽量化とコスト削減に成功。「日刊工業新聞ものづくり部品大賞」を受賞しています。そのほか、接着剤を使わず基材にかぶせることができるクッション材料「とよとつ」が特許を取得。ドアトリム用アームレストの製造に用いられており、リサイクルが容易な点から「2019年度 3R推進功労者表彰・経産大臣賞」を受賞しています。
待遇・福利厚生
保険
:健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金
諸手当
:通勤手当、家族手当(扶養家族1人目19,500円、2~3人目4,500円、4人目以降5,000円)
休日休暇
:年間121日/(内訳)会社が定めるカレンダーによる、年末年始・GW・夏季休暇(各9日程度)等
完全週休2日制(休日は土日のみ)
年間有給休暇10日~20日(下限日数は、入社半年経過後の付与日数となります)
その他
:寮、退職金、財形貯蓄、資格取得、トヨタ車購入資金貸付、全国契約リゾートホテル(テラス蓼科/長野県)(エクシブ/全国)

コンサルタントコメント

同社は、大手完成車メーカーの一次部品メーカーです。塑性加工技術や溶接組立技術を武器にグローバル展開。7カ国13拠点の生産拠点を活かし、生産量・品質・コストを検討し、世界中のユーザーニーズに応えています。主要製品群としてはフレーム等のボデー部品やサスペンション部品等のシャシー部品が代表的であり、車体剛性や衝突安全性を確保しながら軽量化を実現するといった分野での技術力が高く安全性向上等に貢献しています。また、機能部品分野ではトヨタ自動車の乗用車タイプの約8割に同社のブレーキペダルが搭載されています。

この求人に応募する