1. E&M JOBS ホーム>
  2. 品質管理・品質保証>
  3. 品質エンジニア<電子、電装部品>
# 自動車・輸送

情報確認日2022/7/29

古河AS

品質エンジニア<電子、電装部品>

求人情報

年収 300万円~600万円
勤務地 三重県亀山市能褒野町20-16
三重工場に配属予定です。
職務内容 ■同社製品の市場故障解析と製品の信頼性向上推進を担当いただきます。

【具体的には】
配属予定の市場品質部では、市場投入後の製品故障解析、解析結果の顧客説明、設計等へのフィードバックによる改善推進を担当しています
業務内容は故障の解析、顧客対応が中心(7~8割)、再発防止・予防活動(2割程度)
スピード感よりも計画的に業務を進める能力や論理的思考力を重要視しています。
必要な経験・資格 【必須要件】以下の全てを満たす方
・品質保証概念と故障解析業務の知識

【歓迎要件】
・電装部品に対する設計開発業務又は品質業務経験があること
・論理的に顧客を説得できるストーリーの組み立てができる
・顧客のニーズを分析し社内へ展開する牽引力がある
雇用条件
雇用形態
:正社員
転勤の有無
:場合により有り
就業時間
:9:00~17:45
給与形態
:月給制
教育・研修制度 階級別研修、英語研修、スキルアップ研修、海外研修、通信教育研修

企業情報

基本情報
設立
:1950年
従業員数
:1921名
資本金
:100百万円
事業内容・沿革 ■ワイヤーハーネス(自動車用組電線)、関連電装部品、車載用機能製品群の設計・開発、製造、販売
<沿革>
1946年 滋賀県犬上郡豊郷村大字八目において、古河電気工業の協力工場として発足
1950年 近江電線株式会社に改組設立(資本金50万円)
1960年 古河電気工業と自動車用組電線(ワイヤーハーネス)の技術提携を行い、量産開始
1985年 滋賀工場設立(現本社)
2000年 資本金30億円に増資。古河オートモーティブパーツに社名変更
2007年 古河電気工業より自動車電装部品事業を継承し、古河ASに社名変更。資本金を30億円に増資
2012年 三菱電線工業より車載用コネクタ事業を買収。フィリピンにFALP社設立。タイにFAKT設立
2013年 メキシコにFASM、FAAM設立。中国にFASC、FASW設立
2014年 ドイツにFASE設立。ブラジルにFASB設立。タイにFAAP設立
2019年 インドMFEの出資比率を75%に引き上げ、FMEに会社名を変更
企業の特徴 【概要・特徴】
東証プライム上場の非鉄金属メーカー「古河電気工業(株)」を親会社とする、ワイヤハーネスメーカー。1950年に創業して以来、古河電工グループの自動車部品事業を支えてきました。ワイヤーハーネスや機能部品を主力製品としており、国内ほぼ全ての完成車メーカーと取引きを行なっています。また、世界13カ国に25カ所の拠点を擁し、グローバルに事業を展開。総生産の約9割を海外が占めています(2020年4月現在)。

【製品紹介】
ワイヤーハーネス、車載用レーダー、バッテリ状態検知センサ、ステアリング・ロール・コネクタなど多彩な製品を展開。特に、ハンドル内のワイヤーハーネス接続部品であるSRC(ステアリングロールコネクタ)は、世界トップクラスのシェアを獲得しています。他にも、軽量化で燃費改善に大きく寄与するアルミワイヤーハーネス、信頼性の高い自動運転を実現する鉛バッテリ状態検知センサ、人・自転車・その他障害物との衝突回避を支援する周辺監視レーダなどを提供しています。

【強み】
「素材力」が強み。ワイヤーハーネスの原材料の60%を占める銅の供給源は親会社であり、ほかにも古河電工グループには金属やゴム、樹脂などの素材系メーカーが多いため、新製品や新技術の開発において、素材開発から取り組むことが可能です。また、業界に先駆けての自動化、設計データと製造設備との連携などの「ものづくり力」も強みの一つとなっています。
待遇・福利厚生
保険
:健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金
諸手当
:通勤手当、住宅手当、家族手当、資格手当、時間外手当
休日休暇
:年間121日/(内訳)完全週休2日制(土日)※年数回土曜出勤あり、夏季休暇、年末年始、有給休暇、慶事休暇、GW
その他
:寮・社宅、財形貯蓄、資格取得、保養所

この求人に応募する