1. E&M JOBS ホーム>
  2. 品質管理・品質保証>
  3. ソフトウェア品質管理<半導体製造装置>
# 工作・製造機械

更新日2020.06.29

東京エレクトロン

ソフトウェア品質管理<半導体製造装置>

求人情報

年収 400万円~800万円
勤務地 山梨県韮崎市穂坂町三ツ沢650
職務内容 ■同社にて、半導体製造装置およびその周辺システムのソフトウェアの品質保証、品質改善推進、品質マネジメントシステムの整備、開発管理の仕組みの整備等の業務をご担当頂きます。

【具体的には】
■対象製品のソフトウェア品質の課題を分析し、問題提起・改善提案などを行う。
■定期品質監査を行い、それぞれの製品開発チームの開発プロセス上の課題や改善機会を発見する。
■品質マネジメントシステムの改善点を発見し、改善策を立案し導入する。
■開発効率や開発スピードの向上のための、改善策を立案し導入する。
■「なぜなぜ分析」の実施を支援し、効果的な再発防止策が立案できるようにする。
■品質技術の動向をウオッチし、自社の業務に適した新しい技術を調査して導入を推進する。今後はAI技術を活用した技術/ツールの導入も検討する。
※ソフトウェアテストの業務は基本的にありません。

※SDC:ソフト開発センター(東京・山梨)
→各拠点で製造される装置に共通する技術開発を行う拠点(開発支援ツール等も作っています)
※平均残業時間:10H/月~30H/月
必要な経験・資格 【必須要件】
■ソフトウェアの開発あるいは品質管理・品質改善業務の経験3年以上

【歓迎要件】
■英語力:英文の技術文書が読め、簡単な要件ならメールで伝えられるレベル。GTEC450点(TOEIC500点)以上。
雇用条件
雇用形態
:正社員
転勤の有無
:場合により有り
就業時間
:9:00~17:30
給与形態
:月給制
教育・研修制度 OJT等

企業情報

基本情報
市場情報
:東証一部
設立
:1963年
従業員数
:1346名
資本金
:549億6,119万円
事業内容・沿革 ■半導体製造装置、FPD(フラットパネルディスプレイ)製造装置、コンピュータ・ネットワーク機器の研究開発・製造・輸出入・販売・応用技術・メンテナンス

<沿革>
1963年 株式会社東京エレクトロン研究所として設立
1978年 東京エレクトロン株式会社に社名変更
1980年 東証2部に上場
1984年 東証1部に指定替え
1997年 東京エレクトロン宮城(株)を設立
2007年 2007年度プリズムランキング(優れた会社ランキング)で総合2位
2015年 次世代半導体向けスパッタリング装置「EXIM」が「半導体・オブ・ザ・イヤー2015」で優秀賞を受賞
2017年 ベストIR企業ランキングにて「Most Honored Company」に2年連続選定
企業の特徴 【概要・特徴】
東証一部上場、世界トップクラスのシェアをもつ半導体製造装置メーカーです。「半導体製造装置事業」、「フラットパネルディスプレイ(FPD)製造装置事業」の2事業を柱に事業を展開。半導体製造装置の売上高は世界第3位、アジア圏では第1位と業界を牽引しています。また、世界76カ所に拠点、12,000人以上の従業員を擁し、グローバルに事業を展開。海外売上高比率は80%以上です。

【製品展開】
エッチング装置・熱処理成膜装置・枚葉成膜装置・サーフェスプレパレーション装置・テストシステム、FPDコータ/デベロッパ・FPDエッチング/アッシング装置など、幅広い製品群の開発・製造を行っています。特に、塗布・現像装置の世界シェアは約9割。ほかにも多くの製品くが世界トップクラスのシェアを獲得しています。

【研究開発】
国内だけでなく、米国・中国にも研究開発拠点を保有。売上の約10%を研究開発費に投じており、過去5年の年間平均投資額は約800億円です。3次元積層技術や、さらなる微細化加工技術、次世代技術の研究開発に注力しています。また、公募制度を設けるなど、社外の研究機関とも積極的に共同開発を行っています。
待遇・福利厚生
保険
:健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金
諸手当
:通勤手当、地域手当
休日休暇
:祝日・夏期・年末年始、慶弔休暇、有給休暇、年次有給(初年度12日)、特別休暇(リフレッシュ他)
その他
:寮・社宅、財形貯蓄、社員持株、保養所、在宅勤務制度有

コンサルタントコメント

【業務の魅力】
半導体製造装置のソフトウェアは、大規模・複雑でかつ信頼性が要求される難易度の高いシステムです。このため開発プロセスには品質を向上するためのさまざまな工夫が取り入れられていますが、QCDの向上にゴールは無く、改善の機会には事欠くことがありません。このため品質に関する知識・経験と、改善推進のリーダーシップを活かした活躍の機会がたくさんあります。部門が品質管理の対象とする開発組織は250名規模で、さまざまな製品を開発する複数のチームから構成されています。

この求人に応募する