1. E&M JOBS ホーム>
  2. 生産技術・製造技術[電気]>
  3. プロセス開発エンジニア<半導体>
# 半導体・電子部品

更新日2019.07.17

アクロラド

プロセス開発エンジニア<半導体>

求人情報

年収 400万円~600万円
勤務地 沖縄県うるま市州崎13番地23
職務内容 ■半導体放射線検出器の製造工程、特に半導体結晶ウエハに微細電極を形成して検出素子を製造する一連のウエハプロセスの開発と改良、あるいは同部門の責任者を担当していただきます。

【具体的には】
・製造工程内の歩留まり向上のための改善立案および実行
・将来プロセス構築のための開発案件の調査および検討
必要な経験・資格 【必須要件】
・製造業における実務経験
・製造業における新規プロセス開発経験者
・製造業における改善経験者
・製造現場統括経験者、製造プロセススタッフ経験
・本国(ドイツ)から来る技術者とのコミュニケーションとディスカッション能力
雇用条件
雇用形態
:正社員
就業時間
:8:30~17:30
給与形態
:年俸制

企業情報

基本情報
設立
:1984年
従業員数
:58名
資本金
:1億円
事業内容・沿革 ■放射線検出器の開発・製造・販売
<沿革>
・株式会社ジャパンエナジー(現:JXエネルギー株式会社)
1987年 Cd, Te の高純度精製技術の確立
1993年 骨密度診断装置(DXA)にCdTe素子が採用される
1998年 2インチΦの単結晶成長技術の確立
・クレスト電子株式会社
1984年 クレスト電子(株)設立、画像医療機器用増幅器の組立に着手
1999年 CdTe放射線検出素子、モジュールの開発製造のため100%子会社「アクロラド」を設立。ジャパンエナジーと営業譲渡契約を締結
・株式会社アクロラド
2000年 クレスト電子がアクロラドを吸収、社名を「アクロラド」に変更
2007年 X線画像検出器 FPD 4x2 の開発に成功し非破壊検査装置に採用される
2011年 シーメンスがアクロラドの株式の過半数を取得
2013年 55μm ピッチのピクセル電極形成技術を確立し販売を開始
2016年 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の天文衛星HITOMI(AstroH)にCdTe素子が採用され、打ち上げられる
企業の特徴 【概要・特徴】
国内オンリーワンのCdTe(Cadmium Telluride)半導体放射線検出器メーカー。設立以来、X線・ガンマ線などの放射線を計測するためのCdTe半導体検出器の研究開発を進め、様々な検出器の提供をしてきました。同社の主力製品であるパノラマ・エックス線撮影装置に内蔵されたエックス線画像検出器は、現在世界で製造されている歯科用パノラマ装置の約3割に採用されています。その他にも、2016年には同社製半導体検出器がエックス線天文衛星「ASTRO-H」に搭載されるなど、同社製品は、医療・宇宙分野以外にも環境・各種産業などの幅広い分野で採用されています。

【製造体制】
原料であるCdとTeの精製から、CdTe単結晶の成長、加工、電極形成、素子に信号読出回路を付帯した検出器モジュール、モジュールを組み込んだ製造に至るまで一貫した製造技術体制を特徴としています。顧客の要望にあわせ、さまざまな形状の素子を提供しています。

【技術力】
次世代放射線検出素子であるCdTeの量産化技術は、日本唯一であり、世界でも数社しか保有していない非常に専門性の高い技術です。その他にも世界をリードする高純度金属精製技術、結晶成長技術、半導体プロセス技術などの高い技術の融合により、多くの製品を開発しており、その技術力は高く評価されています。
待遇・福利厚生
保険
:健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金
諸手当
:通勤手当、
休日休暇
:年間122日/(内訳)完全週休2日制(土・日)、夏期休暇、年末年始、有給休暇、慶弔休暇、

コンサルタントコメント

宇宙観測用などの半導体放射線検出器の製造を行っている企業です。CdTe(カドミウムテルライド)結晶を製造できる高い技術力を持った企業は世界で3社のみであり、そのうちの1社が同社になります。顧客の要望にあわせ、さまざまな形状の素子を提供している同社でスキルを活かしてみませんか。

この求人について問い合わせる