1. E&M JOBS ホーム>
  2. 制御設計・組込みソフトウェアエンジニア>
  3. 自動運転技術開発者<画像認識技術>
# 自動車・輸送

更新日2019.07.17

先進モビリティ

自動運転技術開発者<画像認識技術>

求人情報

年収 350万円~580万円
勤務地 東京都目黒区駒場四丁目6番1号
職務内容 ■同社にて画像認識・画像処理ソフトウエア開発を担当して頂きます。

【具体的には】
・カメラを用いた画像処理アルゴリズムの開発
・ドライバモニタカメラの画像処理技術開発、製品ソフトウェア開発 等
担当製品 自動運転技術
出張場所・頻度 茨城県(テストコースへの出張が発生します。)
必要な経験・資格 【必須要件】
■C言語の実務使用経験

【歓迎要件】
■MATLAB Simulinkの使用経験
■ソフトウェア制御経験
■画像認識の知見
■AI、通信、ロボット、センシング技術(カメラ、センサー)
雇用条件
雇用形態
:正社員
転勤の有無
:無し
就業時間
:9:00~18:00
教育・研修制度 OJT研修等

企業情報

基本情報
設立
:2014年
従業員数
:12名
資本金
:25,991万円
事業内容・沿革 ■自動運転技術の開発、システム・アプリケーション開発

<沿革>
2014年 設立
2016年 ソフトバンク(株)との合弁会社「SBドライブ(株)」設立

企業の特徴 【概要・特徴】
自動運転技術の研究・開発を行う日系ベンチャー企業。東京大学生産技術研究所次世代モビリティ連携研究センターの技術をもとに、事業化による社会貢献を目指して2014年に設立されました。センシング技術、通信技術、車両モデリング技術、車両制御技術、アクチュエータ制御などの多彩な要素技術と、それらを統合化するシステムインテグレーション技術を持ち、乗用車、トラック、バスなどの自動運転システムの開発と製品化を行っています。

【事業展開】
2016年、ソフトバンクとの合弁会社「SBドライブ株式会社」を設立。ソフトバンクから5億円の出資を受け、 自動運転技術を活用した特定地点間のコミュニティーモビリティーや自律走行による物流・旅客運送事業等の社会実証、実用化を目指しています。その他にも、経産省と国土交通省による、ドライバー不足や渋滞解消のための隊列走行事業に参画。同社を中心とする複数メーカーにより開発された追尾センサーやブレーキ、制御機器を搭載した、国内商用車メーカー4社の公道実証が2018年度開始予定です。

【注力分野】
未開拓市場と呼ばれる、商用車市場に注力しています。商用車市場は乗用車市場と比較して市場規模が小さいため、各企業・メーカーの内製化が進んでおらず、競合企業が少ない状況にあります。経産省からの支援金(約2億5千万円)などをもとに、技術・ソフトウェアのライセンス供与で利益を生み出し、将来的には自動車部品メーカーとして、製品を販売することも検討しています。
待遇・福利厚生
保険
:健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金
諸手当
:通勤手当
休日休暇
:年間130日/(内訳)完全週休2日制(土日祝)、夏季休暇、年末年始、有給休暇

コンサルタントコメント

■自動運転の先行開発に携わることのできる魅力があります。業務も細分化されていないため、一人一人の役割は大きく、やりがいがあります。

この求人について問い合わせる