1. E&M JOBS ホーム>
  2. 生産管理・SCM・ロジスティクス>
  3. 生産管理<シールド掘進機等>
# 自動車・輸送

更新日2020.06.23

日立造船

生産管理<シールド掘進機等>

求人情報

年収 400万円~800万円
勤務地 熊本県玉名郡長洲町有明1
有明工場場への配属予定です。
職務内容 ■同社にてエンジン、プレス、シールド掘進機等の生産管理業務を担当して頂きます。
【具体的には】
(1)船用エンジン:船舶用の大型ディーゼルエンジンの設計、製造、販売からアフターサービスまでを一貫した体制で行っています。1951年に、B&W型(現MAN Energy Solutions社)1号機を完成させて以来、累計生産3,000万馬力を超える豊富な製造経験を持っています。 また、舶用電子制御ディーゼルエンジンにおいて、国内で唯一のMAN Energy Solutions社とWin GD社の両ライセンスを保有します。ISO9001の品質管理のもと、ダブルライセンスの技術的優位性を活かしながら、多様化する顧客のニーズや今後更に厳しくなる環境規制に対応すべく事業を展開しています

(2)シールド掘進機:同社は1967年にシールド掘進機の製造を開始して以来、国内外に1,200基以上納入してきました。今後も、技術開発を進め、地下空間の創造を通して、社会インフラの構築に貢献していきます。
必要な経験・資格 【必須要件】以下の全てを満たす方
・電子回路設計、匡体設計、組込システム開発等の設計業務経験
・顧客と技術的な仕様打合せ等の業務経験
雇用条件
雇用形態
:契約社員
転勤の有無
:場合により有り
就業時間
:8:45~17:35
給与形態
:月給制
教育・研修制度 キャリアプラン制度、国際化教育、営業教育、要素技術講座等技術教育、知的財産教育、法務教育、国内外教育機関への留学・派遣など

企業情報

基本情報
市場情報
:東証一部
設立
:1934年
従業員数
:10580名
資本金
:454億4,236万5,005円
事業内容・沿革 ■環境・プラント事業 ■機械事業 ■インフラ事業 ■その他
<沿革>
1881年 英国人E. H. ハンターが大阪鉄工所(個人経営)を大阪安治川岸に創立
1943年 社名を日立造船株式会社に変更
1951年 民間貿易として戦後初の輸出船を受注
1965年 大阪市向けデロール式ごみ焼却設備完成(日本初の機械式設備)
1996年 電力卸供給事業に参入、日本初のスーパーごみ発電稼働
1997年 世界最大級B&W型舶用ディーゼルエンジン(74,640馬力)1号機完成
2004年 世界最長の斜張橋・香港ストーンカッターズ橋受注
2015年 最適反応制御型高効率無触媒脱硝装置「NeoSNCR」第35回優秀省エネルギー機器表彰資源エネルギー庁長官賞受賞
企業の特徴 【概要・特徴】
東証一部、世界トップレベルの実績と技術力を持った環境プラントメーカー。1965年に日本初の発電設備付ごみ焼却施設を完成させて以来、エネルギーシステムや環境プラントを手掛けてきました。2002年に造船事業を移管後は、高効率ごみ焼却発電や海水淡水化プラント、橋梁やシールド掘進機、舶用ディーゼルエンジン、防災設備などを手がけ、「環境・プラント」「機械」「インフラ・防災」事業を中心に世界の水・エネルギー問題の解決に向けて取り組んでいます。

【注力分野】
中期経営計画のもと、グループ全体で環境・プラント、機械、インフラの事業を中心に、現有製品の高性能化、新製品開発、新規事業の拡大に取り組んでいます。中でも、世界が抱える公衆衛生、環境保全などの問題解決と資源・エネルギーの有効利用のため、Energy from Waste事業と水素・メタンを有効活用するPower To Gas事業におけるグローバル事業を推進しています。また、洋上風力発電、メタネーション技術、機能性材料の用途開発などの先端分野の研究開発にも注力しています。
待遇・福利厚生
保険
:健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金
諸手当
:通勤手当、時間外勤務手当、勤務手当
休日休暇
:完全週休2日制(土・日)、祝日、メーデー、夏季、年末年始、有給休暇(初年度22日)、慶弔、リフレッシュ休暇など
その他
:賞与年2回(6・12月)、持株会、財形貯蓄、寮、社宅、保養所など、常用登用後に昇給年1回(7月)

この求人に応募する