1. E&M JOBS ホーム>
  2. 購買・調達>
  3. 調達<メトロサーク向け部資材>
# 半導体・電子部品

更新日2022.05.13

村田製作所

調達<メトロサーク向け部資材>

求人情報

年収 400万円~850万円
勤務地 京都府長岡京市東神足1丁目10番1号
京都本社へ配属予定です。
職務内容 ■メトロサーク向け部資材調達業務に従事いただきます。

【具体的には】
・メトロサークに必要とされる部資材の調達戦略策定、仕入先選定、試作・量産調達

【業務のやりがい】
規模の大きなグローバルビジネスに携わることができます。
多くの仕入先の技術を複合的に活用した同社独自の製品の調達を担当することができます。
必要な経験・資格 【必須要件】
メーカーでの調達業務経験がある方
雇用条件
雇用形態
:正社員
転勤の有無
:場合により有り
就業時間
:8:30~17:00
給与形態
:月給制
教育・研修制度 階層別・職能別研修、社内講演会、社外セミナー、通信教育他

企業情報

基本情報
市場情報
:東証プライム
設立
:1950年
従業員数
:74109名
資本金
:69,444百万円
事業内容・沿革 ■ファンクショナルセラミックスをベースとした電子デバイスの研究・開発・製造・販売
<沿革>
1944年 村田昭が京都市中京区に個人経営の村田製作所を創業
1950年 株式会社村田製作所に改組
1970年 東証一部に上場
2004年 本社を現在地に移転
2011年 フィンランドの開発・生産会社 現 Murata Electronics Oyを買収
2012年 ルネサスエレクトロニクス(株)のパワーアンプ事業を譲受
2013年 東京電波(株)を買収
2014年 米国の開発・生産及び販売会社 現 pSemi Corporationを買収
2016年 (株)指月電機製作所との合弁会社「(株)村田指月FCソリューションズ」を設立。フランスの開発・生産及び販売会社 現 Murata Integrated Passive Solutions SASを買収
2017年 ソニー(株)及びそのグループ会社の電池事業を譲受。米国の開発・販売会社 現 Murata Vios, Inc.を買収
2022年 東証プライムに上場区分を変更
企業の特徴 【概要・特徴】
東証プライム上場の総合電子部品メーカー。ファンクショナルセラミックスをベースとした電子デバイスの研究開発・製造を行っています。積層セラミックコンデンサは世界シェア約40%、ショックセンサは世界シェア約95%、コネクティビティモジュールでは約55%など、多くの製品で世界トップクラスのシェアを獲得しています。また、海外に関係会社63社を擁し、グローバルに事業を展開。海外売上高比率は90%以上です(2019年3月現在)。

【技術力】
長きにわたり培った設計、量産、評価・解析などの技術を活かし、多種多様な電子部品を開発しています。特にコンデンサは、自動車や医療機器、人工衛星や光海底ケーブル中継局用など、高い信頼性を求められる分野で採用されています。また、国内唯一のJAXA認定の積層セラミックコンデンサメーカーとして実績を築いており、小惑星探査機「はやぶさ」や気象・通信衛星「ひまわり」、国際宇宙ステーションへの無人輸送機 (HTV) 「こうのとり」に採用されています。

【開発体制】
材料から製品まで一貫生産体制を構築しており、材料、商品設計、生産、ソフトウェア、分析・評価など多岐にわたる技術を開発。各分野のエンジニアが組織の壁を越え、状況に応じたチームを組むR&D体制をとっています。2019年度の研究開発費は
約1,024億円で、総売上高の約30%が新製品となっています。
待遇・福利厚生
保険
:健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金
諸手当
:通勤手当、超過勤務手当、扶養家族手当、住宅手当、賃貸住宅補助、役付手当等
休日休暇
:年間123日/(内訳)週休2日制(基本土・日・祝、同社カレンダーに基づく)、※うるう年は年間休日124日/夏期休暇、お盆、年末年始、GW、有給休暇、半日有給休暇、慶弔休暇、産休・育児休暇、介護休暇、特別休暇、自己啓発支援特別休暇、自己実現特別休暇
その他
:健康保険組合、企業年金基金、確定拠出年金、退職金制度、従業員特殊会、社員食堂、制服貸与、転勤者用社宅、職場レクリエーション、クラブ活動、契約保養施設

コンサルタントコメント

「新しい電子機器は新しい電子部品から、新しい電子部品は新しい材料から」これが同社のモットーです。独自の一貫生産体制の下では、各分野のエンジニアが組織の壁を越えて状況に応じたチームを組み、1つのゴールを目指します。このスピーディーで柔軟性に富んだR&D体制が、総売上高の40%以上が新製品という、時代の最先端を行く同社のものづくりを支えています。研究開発費売上高比率7.2%にも上ります。

この求人に応募する