1. E&M JOBS ホーム>
  2. 生産技術・製造技術[化学・素材]>
  3. 電子材料開発
# 半導体・電子部品 # 鉄鋼・金属

更新日2019.07.17

KOA

電子材料開発

求人情報

年収 400万円~600万円
勤務地 長野県伊那市,長野県飯田市
職務内容 ■電子材料開発(有機・無機・金属材料)を担当していただきます。

<具体的には>
・研究開発
・プロセス技術(薄膜、厚膜、積層形成)の開発
・材料開発(抵抗体、誘電体、磁性体、樹脂材料、半導体)
・製品の設計・開発
・抵抗器、温度センサ、インダクタ、ヒューズ、バリスタ、LTCC配線基板、ハイブリッドICなどの製品設計
必要な経験・資格 【必須要件】
■物理一般もしくは有機/無機化学の基礎知識を有 している方
■セラミックス材料、金属材料の基礎知識を有している方
■抵抗材料、導電材料の基礎知識を有し、開発、評価の経験をお持ちの方

【歓迎要件】
■有機機能材料の電気的特性評価、デバイス設計に興味のある方
■ナノ材料を用いた製品開発に興味のある方
■海外勤務を希望する方
雇用条件
雇用形態
:正社員
就業時間
:8:15~17:05
教育・研修制度 OJTなど

企業情報

基本情報
市場情報
:東証一部
設立
:1947年
従業員数
:1357名
資本金
:60億3,300万円
事業内容・沿革 ■各種電子部品(抵抗器・IC・高周波コイル・インダクタ・サーミスタ・サーマルヘッド・白金センサ・ヒューズ・サージアブソーバー・フィルタ・ビーズなど)の企画、開発、製造、販売事業

<沿革>
1940年03月 京都荏原区小山町2丁目168番地に向山一人個人により興亜工業社を創立し固定抵抗器の製造を開始する
1947年05月 商工省より通信関係主要工場の指定を受け、株式会社に組織変更する
1960年11月 労働大臣より災害防止優良工場として表彰される
1984年04月 長野県下伊那郡阿南町に、阿南興亜電工、千代興亜電工、南信濃興亜電工の三社を合併し興亜エレクトロニクス株式会社を設立、電子部品の製造を開始する
2007年07月 ISO/IEC17025試験所認定を取得
2016年04月 「北九州研究所」を開設
企業の特徴 【概要・特徴】
東証一部上場、抵抗器で世界トップクラスの独立系電子部品メーカー。抵抗器をはじめ、IC・高周波コイル・インダクタ・サーミスタ・サーマルヘッド・白金センサ・ヒューズ・サージアブソーバーなど幅広い電子部品の開発・製造・販売を行っています。同社製品は、スマートフォンやパソコンなど多くの電子機器、電子化が進む自動車など、国内外を問わず様々な分野で使用されています。

【強み】
抵抗器に強みを有し、特に固定抵抗器は世界シェア約12%とトップクラスです。また、売上の構成比(用途別)は、自動車で38.9%、コンピューター12.9%、AV機器10.4%、通信機器9.7%、家電7.7%であり、自動車向けの電子部品にも強みを持っています。

【注力分野】
設立以来、材料技術・加工技術・評価技術など様々な基盤技術を蓄積してきました。今後は、この基盤技術を深化させ先端研究機関やパートナー企業との協業を進めることにより、新たな価値の創造を目指しています。同社の北九州研究所では、NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の支援のもと、早稲田大学と共同で将来の水素社会に向けた水素センサーの共同開発を進めています。また、今後も抵抗器専業メーカーとして、車載・航空宇宙・医療などの品質と信頼性を重視する分野と、今後の技術革新で市場が期待できる分野に注力していく予定です。
待遇・福利厚生
保険
:健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金
諸手当
:通勤手当、住宅手当、家族手当、地域手当、時間外手当、食事手当
休日休暇
:年間121日/(内訳)週休2日制、夏期休暇、年末年始、有給休暇、慶弔休暇、GW休暇、育児・介護休業制度
その他
:寮・社宅、資格取得、社員持株、保養所

コンサルタントコメント

同社は、抵抗器大手の各種電子部品を手がける独立系東証一部上場企業です。抵抗器を強みにしており、特に同社の固定抵抗器は世界シェアの12%を占めています。売上も安定しており、安定企業に務めたい地元志向の方におすすめです。まだまだここには書ききあれないオススメポイントがございますので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

この求人について問い合わせる