1. E&M JOBS ホーム>
  2. 電気設計・回路設計>
  3. 制御設計(PLC)<半導体製造設備>
# 半導体・電子部品 # 工作・製造機械

更新日2021.03.30

富士電機

制御設計(PLC)<半導体製造設備>

求人情報

年収 500万円~950万円
勤務地 長野県松本市筑摩四丁目18番1号
職務内容 ■同社にて、半導体製造設備・装置に関する制御設計業務計(PLC設計=プログラマブル・ロジック・コントローラ設計)、デバッグ、現地立上げ、トラブル対応)として下記業務をご担当いただきます。

【具体的には】
■製造・試験設備における動作制御の設計(ハード、ソフト)開発
※PLCソフト(富士電機、キーエンス)
■制御装置立上業務(各機器セッティング、ロボットティーチング、簡単なメカ調整、ソフトデバック)
必要な経験・資格 【必須要件】※下記いずれかの経験をお持ちの方
■PLCを使用した設備(主にFA装置)の制御設計経験
■PLCを使用した設備(主にFA装置)の制御系保全経験
※出張業務あり(国内、海外)
雇用条件
雇用形態
:正社員
転勤の有無
:場合により有り
就業時間
:9:00~17:45
給与形態
:月給制
教育・研修制度 ビジネスコアリーダー研修、中核技術者研修 他

企業情報

基本情報
市場情報
:東証一部
設立
:1923年
従業員数
:27960名
資本金
:475億円
事業内容・沿革 ■電気機器の開発・製造・販売・サービス

<沿革>
1923年 日本の「古河電気工業」と、ドイツの「シーメンス社」との資本・技術提携により設立
1924年 同社川崎工場操業開始
1955年 火力発電事業へ本格的に進出「シーメンス社」と蒸気タービン製造技術の導入契約
1996年 鉄道車両用IGBT主変換装置を受注(世界初の大容量平型IGBT)
2010年 単機容量世界最大140MW地熱発電所運転開始(ニュージランド「ナ・アワ・プルワ地熱発電所」)
2016年 パワエレテクニカルセンター(鈴鹿地区)完成
2010年 離島にマイクログリッドシステムを納入し、実証実験に参加
2012年 国内初、次世代パワー半導体SiC-SBD搭載産業用インバータの開発
2016年 パワエレテクニカルセンター(鈴鹿地区)完成
企業の特徴 【概要・特徴】
東証一部上場、受変電設備などに強みを持つ総合電機メーカー。電気・熱エネルギー技術をコア技術として、「発電」「パワエレシステム」「電子デバイス」「食品流通」の4つの事業を軸にグローバルに展開しています。

【事業内容】
・電子デバイス事業:産業機器・自動車や新エネルギー分野に欠かせないパワー半導体をはじめとする電子デバイスを提供。次世代半導体のSiCデバイスを取り入れたパワー半導体の開発を行い、搭載機器の大幅な省エネ、小型化・軽量化を実現しています。
・発電事業:熱発電タービン御三家の1社である同社は、蒸気タービン・発電機において世界4割のシェアを持ち、世界No.1の納入実績です。スマートグリッドの展開にも積極的に動いており、各地の実証実験などにも積極的に参加しています。その他にも地熱発電・燃料電池・地熱発電・太陽光発電システムなどを提供しています。

【注力分野】
コア技術であるパワー半導体技術とパワーエレクトロニクス技術を計測・制御技術と組み合わせ、エネルギー・環境分野の最適化を実現するソリューションの研究開発に注力しています。また、国内外の研究機関・大学などとのオープンイノベーションを積極的に進め、先端技術や基盤技術の強化などに取り組んでいます。このような取り組みにより、次世代半導体のSiCデバイスや世界最高効率の太陽光発電用PCSやインバータなど、数々の最先端の製品の開発にも成功しています。
待遇・福利厚生
保険
:健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金
諸手当
:時間外手当、通勤手当
休日休暇
:年間129日/(内訳)完全週休2日制(土日)、年間129日(2019年度実績)、夏期休暇、年末年始、有給休暇、慶弔休暇、
その他
:寮、社宅、財形貯蓄制度(401K)、社員持株制度、保養所、休職制度(育児、介護)、就業時間短縮制度(育児、介護)、リフレッシュ支援制度、企業年金、共済会(加入必須(個人負担あり))、各種体育施設、診療所 など

コンサルタントコメント

大手重電メーカーの中でも発電した電気を「制御する」設備に強みを持つ企業です。パワエレと制御の技術をもとに、パワー半導体事業に強みをもっています。日系完成車メーカーはもちろん海外完成車メーカーにも、「品質力」ならびに「機種別のきめ細やかな対応」により受注引き合いが強く、マーケット評価も高い企業です。残業は月20時間とライフワークバランスも良好です。気になる方はお気軽にお声掛けください。

この求人に応募する