1. E&M JOBS ホーム>
  2. 電気設計・回路設計>
  3. バッテリー開発
# 半導体・電子部品

更新日2020.09.14

日本電産

バッテリー開発

求人情報

年収 500万円~1000万円
勤務地 京都府京都市久世殿城町338
職務内容 ■掃除機ブロワモータのモジュール化を進めるにあたり、バッテリーに関する仕様策定と開発、また、バッテリーセル企業との技術交渉業務を担当いただきます。

【具体的には】
・掃除機用モジュール開発を行う上で、モジュール内のバッテリーセルやBMSに関する仕様策定
・BMS(バッテリーマネージメントシステム)の回路・ソフトウェア開発者
・バッテリーセル企業との仕様や技術交渉

【仕事のやりがい】
同社では、バッテリー技術者が不在のため、入社して実績を上げることで、Nidecグループにおけるバッテリー技術の第一人者になれ、グループ会社横軸でのキーパーソンになれます。 但し、社内に技術的な相談者が希薄なため、社外のブレーンが必要になります。
必要な経験・資格 【必須要件】※下記いずれか必須
■バッテリーのBMSに関する回路・ソフトウェア開発経験
■バッテリーに関するOEM/ODM管理経験

【歓迎要件】
■バッテリーに関する信頼性評価経験
■英語、または中国語で、サプライヤーと会話出来る語学力
雇用条件
雇用形態
:正社員
転勤の有無
:場合により有り
就業時間
:8:30~17:30
給与形態
:月給制
教育・研修制度 ※適宜実施

企業情報

基本情報
市場情報
:東証一部
設立
:1973年
従業員数
:117206名
資本金
:877億84百万円
事業内容・沿革 ■超精密小型モータ、自動車用モータ、精密小型ファンの製造・販売
<沿革>
1973年 設立
1988年 大阪証券取引所第2部、京都証券取引所に株式を上場
1998年 大阪証券取引所第1部に指定替え、同時に東京証券取引所第1部に上場
2001年 ニューヨーク証券取引所に上場
2003年 新本社・中央開発技術研究所 オープン
2003年 (株)三協精機製作所に資本参加  ※現日本電産サンキョー(株)
2005年 モーター基礎研究所 オープン
2010年 インドに販売子会社としてインド日本電産(株)を設立
2012年 カンボジアに初の拠点となるエス・シー・ワドー・コンポーネント(カンボジア)(株)を設立
2014年 生産技術センター オープン
2017年 グローバル研修センター オープン
企業の特徴 【概要・特徴】
世界No.1の総合モーターメーカー。国内外でグループ会社約230社、全世界の従業員数約10万人のグローバル企業です。自己資本比率は約50%で、安定した経営を続けています。

【強み】
世界トップクラスの技術力が強み。「世界初」「世界最小」といった他社には真似の出来ない製品を提供しています。小型化に成功したハードディスクはDVDやカーナビ・携帯音楽プレーヤーなどにも搭載。世界シェア約80%のHDDモータに加え、自動車、IT・家電、携帯電話、ロボットなど、幅広い分野で高いシェアを誇っています。今後は「小型化」と「モジュール化」を軸に、2030年には自動車向けモータの市場シェアを60%まで高めていく計画です。

【研究開発】
研究開発拠点のハブ機関として、最新鋭研究設備を導入した「中央モーター基礎技術研究所」を川崎市に設立。多くの外国人研究者も迎え、世界に通じるトップレベルの技術者を養成しています。
待遇・福利厚生
保険
:健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金、介護保険(40歳以上)
諸手当
:福利厚生アウトソーシングサービスの利用、独身寮、借り上げ社宅制度、勤務地手当、通勤手当、単身赴任手当、時差勤務制度
休日休暇
:年間124日/(内訳)週休2日制(日曜・祝日・土曜<変則>)、ゴールデンウィーク、夏休み、年末年始、慶弔休暇、特別休暇、育児休暇、年次有給休暇 ※時間単位年次有給休暇制度あり
その他
:確定拠出年金、確定給付企業年金、社員持株制度、財形貯蓄制度

コンサルタントコメント

モータ向けソフトウェア(以下S/W)開発では世界最先端を目指す部隊であり、インテリジェントモータの商用化にむけて開発をすすめています。海外拠点(米国、欧州、中国、台湾、シンガポール)との連携もありグローバル化も経験できます。新川崎には近隣にパートナーとなる産官学の組織があり、オープンイノベーションも活発です。ぜひ前向きにご検討ください。

この求人に応募する