1. E&M JOBS ホーム>
  2. 研究・開発[化学・素材]>
  3. 研究開発<電子部品半導体材料>
# 鉄鋼・金属

更新日2021.11.25

三井化学

研究開発<電子部品半導体材料>

求人情報

年収 500万円~950万円
勤務地 千葉県袖ケ浦市長浦580-32
職務内容 ■以下業務をご担当いただきます。
・ICT領域、特に半導体領域における接着・粘着・剥離特性を発現する材料設計・合成・配合及びその評価。
・エポキシ・アクリル・シリコーン・ウレタン・エンプラ・無機材料などを利用し、接着、粘着、剥離に対する要求特性を満たす最適な材料設計
 及び必要に応じてエポキシ、アクリル、シリコーン、ウレタン、エンプラの設計とその合成。
・ICT領域の顧客への技術サービス。
必要な経験・資格 【必須要件】以下いずれも合致する方
■有機合成またはアクリルポリマー重合のスキル
■製品への要求特性を理解し、モノマーまたはポリマーの分子構造設計に落とし込めるスキル
■ICT材料の設計、電気特性、評価手法における専門知識を有する

【歓迎要件】
■半導体材料開発及び半導体関連の導電材・絶縁材・接着剤・コーティング剤・離型剤・添加剤等の開発経験
■TOEIC600点以上
雇用条件
雇用形態
:正社員
転勤の有無
:有り
就業時間
:9:00~17:40
給与形態
:月給制
教育・研修制度 各階層別研修、チャレンジラーニング、各種語学教育、海外語学短期研修、海外留学制度、自己選択教育支援 等

企業情報

基本情報
市場情報
:東証一部
設立
:1947年
従業員数
:17979名
資本金
:125,298百万円
事業内容・沿革 ■モビリティ事業 ■ヘルスケア事業 ■フード & パッケージング事業 ■基盤素材事業
<沿革>
1912年 三井鉱山が石炭化学事業を開始(創業)
1955年 三井石油化学工業(株)設立
1958年 日本初の石油化学コンビナートが岩国で完成
1962年 日本で初めてポリプロピレンを製造
1965年 株式が東京・大阪証券取引所市場第一部銘柄に指定
1987年 三井化学シンガポール(現:Mitsui Chemicals Asia Pacific)を設立
1988年 三井化学アメリカを設立
1997年 三井東圧化学(株)と合併し、商号を「三井化学(株)」に変更
2005年 同社と出光興産(株)のポリオレフィン事業を統合し、「(株)プライムポリマー」を設立
2018年 (株)アークの株式を公開買付により取得し、連結子会社化
企業の特徴 【概要・特徴】
東証一部上場、グローバルに事業を展開する総合化学メーカーです。「モビリティ」「ヘルスケア」「フード&パッケージング」「基盤素材」の4つの事業と、新たな事業の創出を目指す「次世代事業」を展開。世界約30カ国に100カ所以上の拠点を有しており、1997年に17%だった海外売上高比率は2018年度には45%に増加しています。グローバルでも存在感のある化学企業グループとなることを目指して、海外生産・販路の拡大を図っています。

【主力製品】
人々の暮らしを支える多種多様な製品を展開しており、数々の製品が世界で高いシェアを獲得しています。プラスチックメガネレンズ材料、スマートフォン用カメラレンズ材料、半導体製造工程用テープが世界シェアNo.1、自動車バンパー・インパネ用材料が世界シェアNo.2です。また、高機能包装材料がアジアNo.1、衛生材料用不織布がアジアNo.2のシェアとなっています。

【取り組み】
2025年度に向けた長期経営計画で、売上高2兆円、営業利益2,000億円を目標に掲げ、「イノベーションの追求」「海外展開の加速」「既存事業強化」に取り組んでいます。また、2025長期経営計画で新たにターゲット事業領域に加わった「次世代事業」では、オープンイノベーションなどを活用し、太陽光・風力発電事業・太陽光発電診断事業や、細菌迅速検査システム、節資源型作物栽培システム、圧電センサや次世代ディスプレイ材料の開発などに取り組んでいます。
待遇・福利厚生
保険
:健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金
諸手当
:通勤手当、家族手当、時間外手当
休日休暇
:年間122日/(内訳)完全週休2日制(土日祝)、夏季休暇、年末年始、有給休暇、慶事休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇、リフレッシュ休暇、社会活動休暇 他、
その他
:寮・社宅、退職金、財形貯蓄、保養所、

コンサルタントコメント

大手財閥グループの総合化学メーカー

この求人に応募する