1. E&M JOBS ホーム>
  2. 機械設計・機構設計>
  3. 機械設計<電子ビームマスク描画装置>
# 工作・製造機械

情報確認日2022/9/28

ニューフレアテクノロジー

機械設計<電子ビームマスク描画装置>

求人情報

年収 400万円~1100万円
勤務地 神奈川県横浜市新杉田町8番1
職務内容 ■電子ビームマスク描画装置構成ユニットの機能開発および設計業務をご担当いただきます。

【職場や職務の魅力】
・電子ビームマスク描画装置の開発から設計・試作・製造まで幅広い工程に携われます。
・新規世代の描画装置を構成するサブユニットに対して、要素開発から設計・試作を、チームで協力して、製品化していくやりがいのある仕事が行えます。
・また、描画装置は、高精度かつ高い歩留の電子ビーム描画を実現する必要があるため、さまざまな技術の応用で構成されます。各技術領域の技術者と一緒に仕事ができるので、半導体製造装置の幅広い技術的な知見が将来的に身につけられます。
必要な経験・資格 【必須要件】※以下いずれも当てはまる方
■機構設計の知識(材料力学・熱力学・流体力学・機械力学)や経験のある方
■機械系ユニットの計画図および組立図面の作図経験
■機構設計仕様書の作成経験
■英語(ビジネスで最低限必要なレベル、TOEIC 500点以上)

【歓迎要件】
■機械安全/SEMI規格の知識や経験
■真空装置設計の知識や経験
■測定結果の統計処理
■3D CADでのモデルおよび機械設計図面の作成経験
■CAE解析ソフト(Ansys等)を使用しての、シミュレーション経験
雇用条件
雇用形態
:正社員
転勤の有無
:無し
就業時間
:8:45~17:30
給与形態
:月給制
教育・研修制度 OJT、他

企業情報

基本情報
設立
:2002年
従業員数
:726名
資本金
:64億8,600万円
事業内容・沿革 ■電子ビームマスク描画装置、マスク検査装置、エピタキシャル成長装置の開発・製造・販売

<沿革>
1976年 (株)東芝から東芝機械(株)へ、半導体製造装置事業の技術移管を実施
2002年 東芝機械(株)半導体装置事業部の事業を包括継承し、(株)ニューフレアテクノロジーとして事業を開始
2007年 ジャスダック証券取引所へ上場
2009年 韓国現地法人設立
2013年 第59回大河内記念生産特賞を受賞
2015年 厚生労働大臣表彰・奨励賞を受賞
2014年 米国現地法人「NuFlare Technology America, Inc.」設立
2020年 東芝デバイス&ストレージ(株)の100%子会社となる(東証JASDAQスタンダード上場廃止)。経済産業省「グローバルニッチトップ100選」選定
企業の特徴 【概要・特徴】
東芝デバイス&ストレージ(株)100%子会社の半導体装置専業メーカー。2002年に東芝機械(株)から半導体装置事業を継承して以来、半導体製品の製造に用いられる最先端の電子ビームマスク描画装置やマスク検査装置、エピタキシャル成長装置の設計、開発、製造、販売、保守を行なっています。電子ビームマスク描画装置は、LSI(大規模集積回路)製造工程に必要なことから定期的に機器の入れ替えがあるため、半導体業界のシリコンサイクルに影響されることのない安定した需要が見込まれています。

【強み】
世界トップレベルの描画精度を有しており、電子ビームマスク描画装置の世界シェア1位(90%以上)であることが強み(自社調べ)。半導体の多くが同社の電子ビームマスク描画装置を使って量産されており、半導体市場を支えています。また、2020年の世界の半導体市場規模は48兆円(前年比8.4%増)。2021年の日本製半導体製造装置販売額は2兆9,200億円(前年度比22.5%増)と予測されており、市場も活況をみせています。

【技術力】
電子ビームマスク描画装置第1号機の開発を基点に、最先端デバイス用の回路パターンをフォトマスク上に高速・高精度で描画できる電子光学系を自社で開発しました。現在は、電子ビームをナノメーター単位で制御し、東京タワーから富士山頂にある1.6mmの的を射抜くほどの高精度なレーザー技術を有しています。
待遇・福利厚生
保険
:健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金
諸手当
:通勤手当、家族手当、時間外手当、役職手当
休日休暇
:年間124日/(内訳)完全週休2日制(土・日)、夏期休暇、年末年始、有給休暇、慶弔休暇、
その他
:昇給1回、賞与年2回(2014年度実績6カ月)、厚生施設、社内食堂あり、社宅あり、財形貯蓄制度、持株制度、育児・介護休業制度、健康診断

コンサルタントコメント

■日系の最先端半導体製造装置メーカーです。

この求人に応募する