1. E&M JOBS ホーム>
  2. 機械設計・機構設計>
  3. 【9月30日(金)】応募意志不問セミナー<車載ディスプレイ領域>
# 自動車・輸送

情報確認日2022/9/22

本田技研工業

【9月30日(金)】応募意志不問セミナー<車載ディスプレイ領域>

求人情報

年収 480万円~1100万円
勤務地 栃木県芳賀郡芳賀町高根沢4630
職務内容 同社の注力領域である、デジタルコクピットを構成する最先端技術を活用したディスプレイ製品における応募意志不問セミナーを開催いたします。
1時間という短い時間で、同社の会社説明から、事業・業務内容についてお話させていただきます。
※本セミナー・座談会は中途採用の選考意思は不問となります

【技術領域】
・デジタルコクピット製品の価値定義・要件定義・詳細仕様までのブレイクダウン、各種ツールを用いた明文化
・GUI/各種認識技術(音声、ジェスチャー、視線等)を活用した新HMI・ユーザーインターフェース研究・開発
・開発日程/コスト/品質管理
必要な経験・資格 【必須要件】
■ソフトウェア開発のご経験をお持ちの方
■ハードウェア開発のご経験をお持ちの方
■HMI、UI/UXに関するご経験をお持ちの方
雇用条件
雇用形態
:正社員
転勤の有無
:場合により有り
就業時間
:8:30~17:30
給与形態
:月給制
教育・研修制度 OJT研修等

企業情報

基本情報
市場情報
:東証プライム
設立
:1948年
従業員数
:25379名
資本金
:86,067百万円
事業内容・沿革 ■二輪車、四輪車、汎用製品(耕うん機、芝刈機、船外機、発電機、汎用エンジンなど)の製造・販売
<沿革>
1946年 本田宗一郎、静岡県浜松市山下町に本田技術研究所を開設
1948年 本田技術研究所を継承し、浜松市板屋町257番地に本田技研工業株式会社を設立(資本金100万円、従業員34名)
1960年 技術研究所が分離独立し、(株)本田技術研究所を設立
1970年 狭山製作所工機部門が分離・独立、ホンダ工機(株)設立(1974年7月にホンダエンジニアリング(株)へ社名変更)
2000年 新しい人間型ロボット「ASIMO(アシモ)」を発表
2010年 量産型HondaJet、米国での型式認定取得に向け初飛行に成功
2014年 Honda 二輪車の世界生産累計3億台を達成
2015年 「VEZEL(ヴェゼル)」が2014年度 SUV新車販売台数で第1位を獲得
2020年 四輪事業、本田技術研究所、コネクテッド・モビリティサービス領域について新体制の発表
企業の特徴 【概要・特徴】
東証プライム上場、世界で躍進する完成車メーカー。グループ全体で、国内外に440社の関係会社、20万人以上の従業員を擁し、二輪車・四輪車・航空機・パワープロダクツ(耕耘機・芝刈機・除雪機・発電機・船外機・太陽電池など)の製造・販売などを行っています。2018年度の世界販売台数は、二輪車で約2,023万台と第1位、四輪車では532万台とトップクラスです。また、国内販売台数は74万台で第2位となっています。

【事業展開】
先進の二輪車アイドリングストップ・システムを搭載した次世代スクーターや、世界トップクラスの一充填走行距離約750kmを実現した新型燃料電池自動車(FCV)「CLARITY FUEL CELL」を展開。ほかにもヒューマノイドロボット「ASIMO」や歩行アシスト、小型ビジネスジェット機などを展開しています。近年は、太陽光発電設備「Hondaさくらメガソーラー発電所」の開設や、高圧水電解システムを搭載した「小型水素ステーション」の運用など、環境負荷低減に向けた取り組みにも注力しています。

【注力分野】
グループ全体で、電動化・自動運転・先進安全技術の開発に取り組んでいます。2030年には世界販売台数の3分の2をPHV・HV・FCV・EVなどの電動車にする目標を掲げ、実現に向けて開発体制を強化しています。また、2020年に高速道路におけるレベル3の自動運転車を実用化することと、2025年を目処とした完全自動運転の技術の確立を目指しています。
待遇・福利厚生
保険
:健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金
諸手当
:通勤手当、住宅手当、家族手当、時間外手当
休日休暇
:年間121日/(内訳)完全週休2日制・祝日・8月休暇(夏季)・年末年始、有給休暇、慶弔休暇
その他
:退職年金、互助会、特別見舞金、財形貯蓄、住宅共済会、社宅/独身寮(諸条件有)、保養所、健康管理センター、スポーツ施設

コンサルタントコメント

従来の自動車からの大幅な変化に伴い、AI技術の応用をはじめとするイノベーションの創出が求められ、技術探求、チャレンジが必須な領域において、海外の同社事業所、大学、企業と連携したグローバルな研究開発を行える環境です。車の大きな変化・イノベーションに貢献する特化技術を有しており、その技術を大いに発揮し、研究にとどまらず、世の中に送り出すことで社会に貢献したいと考える仲間を求めています。

この求人に応募する