1. E&M JOBS ホーム>
  2. 機械設計・機構設計>
  3. 機械設計<手術支援ロボットを構成するデバイス>
# 医療機器

更新日2020.06.30

メディカロイド

機械設計<手術支援ロボットを構成するデバイス>

求人情報

年収 450万円~700万円
勤務地 兵庫県神戸市港島南町1丁目6-4 IMPビル
職務内容 ■同社にて開発中の手術支援ロボットを構成するデバイスの設計、開発業務に従事いただきます。

【魅力ポイント】
・自らの発想で新製品を開発し市場に送り出せるという魅力があります。
・G7の際、各国関係者が見学に訪れるなど順調に成長しています。
・ベンチャー企業でありながら、大手企業並みの給与や福利厚生があります。
必要な経験・資格 【必須要件】
■機械技術者で、構造、駆動系の設計経験者、加工、樹脂成形などの経験があること

【歓迎要件】
■自発的に仕事を進められる方
■関係部門との交渉経験がある方
■3D CADでの設計経験がある方
雇用条件
雇用形態
:正社員
転勤の有無
:場合により有り
就業時間
:9:00~18:00
給与形態
:月給制
教育・研修制度 OJT研修等

企業情報

基本情報
設立
:2013年
従業員数
:80名
資本金
:79億6,000万円
事業内容・沿革 ■医療用ロボット(手術用、医療支援)のマーケティング・開発・設計・製造・販売・アフターサービス

<沿革>
2013年 設立
2014年 米国事務所を設立
2015年 医療用ロボット本格開発に着手
2016年 米国現地法人が営業を開始
2017年 明石工場を設立。広範囲の患者移動機能を持つ手術台「SOT-100 Vercia ヴェルシア 手術台」を発売
2018年 内視鏡分野に強みをもつドイツ系医療機器メーカー「カールストルツ」と業務提携を実施
2019年 AI画像解析サービスなどを提供する「株式会社オプティム」と業務提携を実施
企業の特徴 【概要・特徴】
神戸市に本拠を置き、医療用ロボットの開発を行う企業です。産業用ロボットで50年以上の実績を持つ「川崎重工業(株)」と医療用検査装置の大手「シスメックス(株)」の共同出資により、2013年に設立。現在、医療用ロボットは米国の「ダヴィンチ」をはじめとする海外メーカー製が主流ですが、同社では日本だけでなく海外市場も主戦場に定め、2030年には売上高1,000億円を目指しています。

【製品開発】
産業用ロボットをベースに医療用に応用した製品「アプライドロボット」と、手術支援を目的とする新規開発の製品「手術支援ロボット」の製品化を推進。専門技術を有する企業、医療機関、行政と連携を行う「オープンプラットフォーム体制」のもと、開発を行なっています。2017年に同社初の製品となる、ハイブリッド手術対応の手術台「SOT-100 Vercia」を発売。今後は一般手術への適用や、将来発売予定の手術支援用ロボットとの動作連携を目指しています。

【強み】
川崎重工の産業用ロボットの技術と、シスメックスの医療用検査機器の技術を融合し、新たな価値を提供できることが強み。川崎重工は産業用ロボットのパイオニアであり、人と共存できる「双腕スカラロボット」なども開発しています。また、シスメックスはIoT技術を駆使したサポートサービスを提供するなど、高いネットワーク技術・ソフトウェア技術を有しています。同社はこれら技術をもとに、性能やコストメリットに優れた医療用ロボットの開発をすすめています。
待遇・福利厚生
保険
:健康保険、雇用保険、労災保険
諸手当
:通勤手当(50,000円/月迄は全額支給、以降は超過分の60パーセントを支給)、住宅手当、時間外手当
休日休暇
:年間125日/(内訳)完全週休2日制(土日祝)、GW、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇(試用期間3ヶ月満了後に、8割以上の出勤で付与。年間付与22日に対して付与月により按分支給)、特別休暇等 ※会社カレンダーによる
その他
:退職金制度

コンサルタントコメント

■同社は現在立ち上げフェーズですが、チームで一致団結して新しいことに挑戦できる求人です。
■手術用ロボットとしては日本唯一の企業であり、今までにないものを1から作っていくやりがいのある仕事です。
■川崎重工とシスメックスのサポートもあり、今後ますますの発展が期待されます。

この求人に応募する