1. E&M JOBS ホーム>
  2. 機械設計・機構設計>
  3. 筐体・機構設計<鉄道信号保安システム・道路交通安全システム>
# 重電・重工

更新日2020.02.14

日本信号

筐体・機構設計<鉄道信号保安システム・道路交通安全システム>

求人情報

年収 400万円~800万円
勤務地 埼玉県久喜市江面字大谷1836-1
職務内容 ■同社にて機械設計担当として業務に従事して頂きます。
【具体的には】
・交通インフラ製品の機械設計業務(企画から立ち上げまでの)
※ハード・ソフト部門とチームを組み、1~2名で1機種を担当します。開発期間は4~5年です。
※使用CAD:Solid Works(3D)

【製品例】
列車運行管理システム(TTC・PTC・PRC)、列車集中制御装置(CTC)、連動装置(電子連動装置・継電連動装置)、自動列車停止装置(ATS)、自動列車制御装置(ATC)、
自動列車運転装置(ATO)、鉄道用LED式信号機踏切遮断機 等
【やりがい】
鉄道信号事業領域の製品は、目に見えるものから、見えないシステムまでさまざまです。まちの中でよく目にする信号機や踏切遮断機はもちろん、列車の安全運行を支える
CTC(列車集中制御装置)やATC(自動列車制御装置)、ATS(自動列車停止装置)といった、利用者の目には見えない、けれど、なくてはならない「縁の下の力持ち」のようなシステムまで、多彩な技術を提供しています。
必要な経験・資格 【必須要件】
■製造業界にて機械設計経験をお持ちの方
※CADツール不問

【歓迎要件】
■機器、設備、装置などの機械設計経験者
■Solid Works(3D)の経験者
雇用条件
雇用形態
:正社員
転勤の有無
:場合により有り
就業時間
:8:30~17:05
教育・研修制度 OJTなど

企業情報

基本情報
市場情報
:東証一部
設立
:1928年
従業員数
:1232名
資本金
:100億円
事業内容・沿革 ■鉄道や交通に関する装置・機器の製造・販売
・鉄道信号保安装置/駐車場関連機器/駅務自動化装置/交通信号制御装置/セキュリティゲート 等

<沿革>
1928年 日本信号株式会社設立
1947年 東京証券取引所に株式を上場
1948年 大阪工場を開設
1962年 宇都宮工場を開設
1964年 上尾工場を開設
1989年 技術研究センター(現研究開発センター)を新設
2003年 ビジョナリービジネスセンター(VBC)を設置
2007年 本社を東京都千代田区に移転
2009年 海外市場における競争力の強化を目的として国際事業部を新設
企業の特徴 【概要・特徴】
80年以上の歴史をもつ、国内トップの信号機メーカー。道路交通安全システムや鉄道信号保安システムなど、交通運輸インフラを守る製品を国内外に提供しています。国内鉄道信号メーカーの中で最も幅広い商材を有し、制御装置や改札機、駐車場管理システムなど多岐に渡る分野で、それぞれ約30%のシェアを獲得しています。2016年にはJR西日本と提携し、新たな信号システム装置の開発などにも取り組んでいます。

【技術開発】
鉄道信号、交通情報システム、AFC、情報システムにおける製品の改良や新商品の開発に取り組んでいます。中でも、世界初の完全無線式列車制御システム「SPARCS」は、コスト削減とセキュリティの向上を実現しており、中国やブラジルなど多数の採用実績があります。他にも、ICカードを読み取り機にかざさずに認証できる人体通信システム「elefin」は、「JECA FAIR 2014製品コンクール」に入賞しており、Suicaに続く業界標準を目指しています。

【環境】
同社が属する業界は、日本国内の規格が必要な商材が多く、海外メーカーが参入しづらいといわれています。その業界で、同社は信号などの装置だけではなく券売機なども扱っており、顧客の様々な部門と取引することで競合他社に対する優位性を有し、安定した経営基盤を築いています。また、多くの社員が社会インフラや人の命を守る仕事にやりがいを感じ、誇りを持って仕事に励んでおり、新卒の3年以内の離職率が約3%と働きやすい環境です。
待遇・福利厚生
保険
:健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金
諸手当
:通勤手当、家族手当、時間外手当
休日休暇
:年間126日/(内訳)完全週休2日制(土日)、夏期休暇、年末年始、有給休暇、慶弔休暇
その他
:寮・社宅、退職金、社員持株

この求人について問い合わせる