1. E&M JOBS ホーム>
  2. 機械設計・機構設計>
  3. 機械設計<計測機器>
# 精密・測定機器

更新日2019.07.24

JFEアドバンテック

機械設計<計測機器>

求人情報

年収 300万円~560万円
勤務地 兵庫県西宮市高畑町3-48
職務内容 ■計測機器の開発を行っていただきます。本社にある「商品技術開発センター」での勤務となります。

【具体的には】
・既存の事業部において、開発改良と新分野・新市場向けの新製品開発。
・マーケティングなど必要に応じて行い、他部署と打ち合わせ、折衝。
・新製品開発において、各種計測機器の内部構造と外側の部分を開発、設計、試作評価。
・そのほか、センサーの開発、構造解析、調査、見積もり、フィールド調査、報告書の作成、コストダウンへの取り組みなど。

【ご入社後の流れ】
教育担当者のもとで、ご本人の経験・能力に応じた業務を担当していただきます。OJT主体での業務になりますが、外部教育講座の受講機会もあります。ご入社後の数ヶ月~2年程度(人によって異なります)で業務を覚えていただき、その後は新製品の開発・改良・カスタマイズ開発を担当していただきます。最初は製品の部分的な開発・設計から始まり、ゆくゆくは製品全体の企画・開発・設計にも携わっていただく予定です。
必要な経験・資格 【必須要件】
■機械・物理系学科出身で、商品企画もしくは設計に携わった経験をお持ちの方。
■社会人経験を2年以上お持ちの方。
【歓迎要件】
■材料・力学の知識がある方。
■電機・機械メーカーで商品開発の経験をお持ちの方。
■海外の機械に触れる機会もあるため、英語での読み書きができる方。
雇用条件
雇用形態
:正社員
転勤の有無
:無し
就業時間
:9:00~17:30
給与形態
:月給制

企業情報

基本情報
設立
:1973年
従業員数
:290名
資本金
:3億1950万円
事業内容・沿革 ■計量器・計測器(レベル計や振動計など)を製造
<沿革>
1950年08月 川崎重工業株式会社から製鉄部門が分離独立し、川崎製鉄株式会社を設立
1973年11月 川崎製鉄株式会社から計量器工場が分離独立し、川鉄計量器株式会社を設立
1993年10月 関連会社として有限会社アドバンテックサービスを設立
2003年04月 JFEグループが発足、当社はJFEスチール株式会社のグループ会社となる
2004年04月 社名をJFEアドバンテック株式会社に変更
2008年09月 アレック電子株式会社の経営権を取得、JFEアレック株式会社に社名変更
2010年04月 JFEアドバンテック株式会社とJFEアレック株式会社は事業統合し、新会社としてのJFEアドバンテック株式会社が発足
企業の特徴 【概要・特徴】
日系大手の鉄鋼メーカー「JFEスチール」グループの計量器メーカーです。創業以来、造船所や製鉄所向けに計量・計測機器の開発を行っており、2010年に海洋観測機器のトップメーカー「アレック電子」と経営統合を行い、海洋計量機器など新分野へも事業を展開しています。同社製品は研究施設や火力・水力発電所、工場、湖などさまざまな場所で導入されています。また、売上の約9割はグループ外の企業が占めており、グループ依存の少ない企業です。

【事業展開】
・水環境事業:投込圧力式水位計、複合散乱光式汚泥濃度計、光学式溶存酸素計など水を測定する機器を開発しており、国土交通省や全国自治体に納入実績があります。
・海洋・河川事業:CTD、総合水質計、ドップラー流速計など海洋観測機器を提供しています。
・計測診断事業:設備保守を効率化する設備診断機器とオンラインシステムを手がけています。
・計量事業:トラックスケールなど工業用大型スケールを製造しています。

【技術力】
国内で初めて、投込圧力式水位計やハンディー硬さ計、厚さ計などを開発。中でも硬さ計、CMSシステム、海洋計測機器では国内シェアトップクラス、上下水道の水位計は業界シェアの約80%を獲得しています。また、海洋研究開発機構との共同で開発した「高速溶存酸素計」は、高速応答性能(99%応答<7秒)を維持しつつ、検出膜直近に水温センサーを搭載。DO瓶等に直接挿入するだけで高精度DO測定を可能としており、世界各国から注目されています。
待遇・福利厚生
保険
:健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金
休日休暇
:完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始休暇、※年間休日119日
その他
:寮・社宅、退職金

コンサルタントコメント

企画から製品化まで携われるので、モノを作り上げる喜びを感じていただけます。
新製品の開発には開発者が製品のコンセプトづくりから、完成後のテストまで一貫して行うため、信頼性の高い製品が生み出せるのと同時に、やりがいにもつながっています。

この求人について問い合わせる