1. E&M JOBS ホーム>
  2. 機械設計・機構設計>
  3. 光学機器の研究開発
# 家電・通信機器

更新日2019.01.11

三菱電機株式会社 先端技術総合研究所

光学機器の研究開発

求人情報

年収 400万円~1000万円
勤務地 兵庫県尼崎市
職務内容 同社研究所にて、光学機器に関する研究開発(構造の考案、設計、解析、施策および評価)に携わっていただきます。
担当製品はこれまでの経験に応じて決定されますが、光センサー、車載用ディスプレイ、LED照明などを想定しています。
【仕事の進め方】
製作所からの依頼に基づく開発が50%、研究所が主体となる10年後の最先端技術の開発が50%の割合です。
テーマ設定はボトムアップの場合が多く、意見、アイデアが反映されやすいため、裁量が大きく、やりたいことのできる環境です。
【やりがい・面白み】
役立つものを最先端の研究から生み出し、製品化まで関わることができるのが同研究所の魅力です。研究の種を育て、実際の製品化に際し、製作所に異動して携わるケースもあり、エンジニアとしては最高の舞台で働くことができます。
【魅力】
三菱電機製品におけるテレビから宇宙までのすべての光に携わっている部署のため、広い活躍のフィールドがあります。
必要な経験・資格 【必須要件】下記全ての項目を満たす方
・光学/電気/精密機器業界での3年以上の研究開発業務の経験
・光学設計ツール(CODEV、ZEMAX、LightTools等)の使用経験、または光製品の機構設計経験
【歓迎要件】
・レーザー光源、波動光学の知見
・レンズに関わる研究開発の経験
雇用条件
雇用形態
:正社員
転勤の有無
:場合により有り
就業時間
:8:30~17:00
給与形態
:月給制
教育・研修制度 OJT研修

企業情報

基本情報
市場情報
:東証一部
設立
:1921年
従業員数
:138700名
資本金
:1,758億2,000万円
事業内容・沿革 ■重電システムの製造・販売 ■産業メカトロニクスの製造・販売 ■情報通信システムの製造・販売
■電子デバイスの製造・販売 ■家庭電器の製造・販売
同研究所は、三菱電機グループにおける製品設計の生産性向上と設計品質向上を目的に、全社に対して支援を行う技術者集団です。

<沿革>
1921年 三菱造船(株)電機製作所を母体に三菱電機(株)を設立
1937年 東京株式取引所に株式上場
1979年 売上1兆754億円で1兆円企業に到達
1989年 売上げ2兆2,301億円で2兆円企業に到達
1995年 中央研究所、材料デバイス研究所、半導体基礎研究所を統合し、先端技術総合研究所が設立
2002年 産業システム研究所と映像情報開発センターを統合し、現在に至る
企業の特徴 【概要・特徴】
総合電機メーカー「三菱電機」において、先端技術開発を担う研究所。三菱電機の全事業に関わる最先端技術の拠点として、事業を支える共通基盤技術の開発から新製品の開発、また、将来の新事業の芽となる研究開発に至るまで幅広く取り組み、同社の持続的な成長を推進する役目を担っています。

【研究概要】
同研究所では、パワーエレクトロニクス、パワーデバイス、電機、機械、メカトロニクス、新デバイス、エネルギー、環境、材料、システム・ソリューション、映像・表示技術分野の研究開発を行っています。各分野のスペシャリストたちが常識にとらわれない自由な発想を育みながら、独創的な技術力で研究開発に取り組んでいます。

【連携体制】
同研究所は、社内外での連携に力を入れています。所内には部門・世代を越えた交流のためのコミュニケーションエリアを設け、生産技術センターとの合同研修などを実施しています。また、研究開発と製品化の加速、大学や研究機関との連携強化を目的として、技術連携室や社外連携室を併設しています。これらの施設を活用し、産学連携や国家プロジェクトに積極的に参画することにより、世界トップクラスの技術力に更に磨きをかけています。そして、これらの研究開発で得られた技術を組織の成果として共有し、三菱電機グループの様々な製品や事業に横展開しています。
待遇・福利厚生
保険
:健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金
諸手当
:時間外手当、扶養手当、外勤手当、通勤費補助など
休日休暇
:年間124日/(内訳)週休2日制(土日)、国民の祝日、労働祭、年末年始、会社創立記念日、規定休など
その他
:寮、社宅、家賃補助手当、財形貯蓄、住宅融資、社員持株会、社員互助会、保養所、契約リゾート施設 、スポーツ施設など

コンサルタントコメント

日程大手電気メーカーの先端技術・ノウハウが蓄積されたブレーン組織です。製作所からの依頼に基づいて開発に入っていくケースもあり、自身が主体となり全社の先端技術を展開していく役割も担うことができます。テーマ設定はボトムアップの場合が多く、意見・アイデアが反映されやすいため、裁量権が大きく、やりたいことができる環境があります。これまでの経験を活かして、さらなるチャレンジをしてみませんか。

この求人について問い合わせる