1. E&M JOBS ホーム>
  2. 機械設計・機構設計>
  3. メカ設計エンジニア<半導体製造装置のWET機器>
# 工作・製造機械

更新日2020.05.19

東京精密

メカ設計エンジニア<半導体製造装置のWET機器>

求人情報

年収 450万円~750万円
勤務地 東京都八王子市石川町2968-2
職務内容 ■半導体製造装置のWET機器(ポリッシュ・グラインダ)のメカ設計エンジニアとして以下の業務を担当して頂きます。

【具体的には】
・構想設計、組立図・部品図作成、部品選定、等。
・必要に応じて、選定部品の評価、開発案件においては電気・制御担当者等と協力しながら進めます。

【製品】
http://www.accretech.jp/product/semicon/polish/pg3000rmx.html
※ウェット・ポリッシングとは:湿式で表面の鏡面化を行う加工方法の事であり、加工歪の除去やストレスリリーフを目的として採用される。湿式である為、研磨時の発熱が抑えられる点、静電気の発生が抑えられる点、瞬時に洗浄工程へ移行し易い点などの特徴がある。
必要な経験・資格 【必須要件】
■2D・3D-CAD経験者
■半導体製造装置に関する設計開発に携わった経験をお持ちの方

【歓迎要件】
■半導体製造装置、洗浄機、液供給装置の設計経験者
雇用条件
雇用形態
:正社員
転勤の有無
:無し
就業時間
:8:30~17:00
給与形態
:月給制
教育・研修制度 OJT研修

企業情報

基本情報
市場情報
:東証一部
設立
:1949年
従業員数
:2119名
資本金
:104億6,200万円
事業内容・沿革 ■半導体製造装置の開発・製造・販売(ウェーハプロービングマシン、ウェーハダイシングマシン、ウェーハ外観検査装置、CMP装置、ポリッシュ・グラインダなど)
■精密計測機器の開発・製造・販売(三次元座標測定機、表面粗さ・輪郭形状測定機、真円度・円柱形状測定機、マシンコントロールゲージなど)

<沿革>
1949年 東京精密工具(株)設立
1952年 日本で初めて高圧流量式空気マイクロメータの工業化に成功
1964年 日本初のウェーハプロービングマシンを世に送り出す。
1986年 東京証券取引所市場第一部に株式上場
2009年 東京精密 USA支店設立
2011年 世界最小・最速次世代ダイシングマシン「AD3000T/S」が最先端半導体ラインで量産稼動開始
2015年 吉田均社長CEO就任
企業の特徴 【概要・特徴】
半導体製造装置に強みをもつ、東証一部上場の精密機器メーカー。半導体製造装置と精密計測機器の製造・販売をコア事業としています。創業以来、ナノ~マイクロレベルの精度で計測・加工する技術に挑戦しており、世界初・国内初の製品を多数生み出しています。「世界初」「世界シェアNo.1」「世界最高精度」の装置を持つリーディングカンパニーとして、業界を牽引しています。

【製品】
・半導体製造装置:ウェーハテスト工程で使われているプローバは、世界シェア約60%と第1位。ウェーハプロービングマシンは国内全ての半導体メーカーに納入されています。世界初の完全無人フルオートプローバは世界トップクラスのシェアです。
・精密計測機器:同社製の計測機器は、自動車・航空機・工作機械業界においてナノレベルの高い精度での測定を実現。特に、自動車加工部品(エンジン、トランスミッションなど)などの精密加工部品の品質を、サブミクロンの精度で常に監視・制御する測定機器は、トヨタやその他の自動車関連業界において、安定的なシェアを得ています。今後は、物体に触れずに計測する光学技術を応用した計測機器の開発など、新たな取り組みにも挑戦していきます。

【環境】
製品ごとに開発の上流から下流までチームで一貫して携わることで、 幅広い知識・スキルを身につけることができます。自分の携わった製品が顧客に届くまで、間近で関ることができるため、エンジニアとしての技術力を高めることができる環境です。
待遇・福利厚生
保険
:健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金
諸手当
:交通費全額支給、住宅手当、家族手当、技術手当、地域手当
休日休暇
:年間休日125日(2020年度)/(内訳)完全週休2日制(土・日)、ゴールデンウィーク、年末年始、長期休暇(9日連続取得可能)、有給・慶弔・リフレッシュ休暇等
その他
:財形貯蓄、資格取得、社員持株、保養所、企業年金、退職金、育児短縮勤務制度、介護休暇制度、借上社宅制度、他

コンサルタントコメント

東証一部上場の半導体製造装置に強みをもつ日系メーカーでの機械設計の求人です。

この求人に応募する