1. E&M JOBS ホーム>
  2. 研究・開発[機械]>
  3. 先行開発<自動車向け電子制御サスペンション>
# 自動車・輸送

更新日2019.09.18

ショーワ

先行開発<自動車向け電子制御サスペンション>

求人情報

年収 360万円~650万円
勤務地 栃木県芳賀郡芳賀町芳賀台112-1
※マイカー通勤可(車種不問)、駐車場完備
職務内容 同社にて自動車向け電子制御サスペンションの先行開発を担当いただきます。

【具体的には】
■社内各部署や顧客との情報交換、折衝、仕様の検討
■構想設計/基本設計/詳細設計の一貫した流れの設計
■シミュレーションツールを使用した性能設計・CAE解析
■使用ツール:CATIA-V5

【ショックアブソーバとは】
走行中に発生する車体の揺れを吸収する部品であり、乗り心地を向上させることはもちろん、車体の姿勢や操縦安定性をコントロールするという、クルマの性格を決める重要な部品です。
必要な経験・資格 【必須要件】
下記2つを充足する方
■何らかの製品の機械設計経験
■普通自動車免許(AT限定の場合、必要に応じて入社後にMT取得の可能性があります)
雇用条件
雇用形態
:正社員
転勤の有無
:有り
就業時間
:8:15~17:00
給与形態
:月給制

企業情報

基本情報
市場情報
:東証一部
設立
:1938年
従業員数
:12615名
資本金
:126億9,800万円
事業内容・沿革 ■4輪・2輪車用ショックアブソーバ、パワーステアリング、デファレンシャルギヤ、プロペラシャフト、ガススプリング、ボート用油圧機器など、輸送用精密機能部品の製造・販売

<沿革>
1938年 昭和航空精機株式会社を設立し、航空機部品の製造を開始
1946年 商号を株式会社昭和製作所と変更し、自動車用部品の製造開始
1953年 ショックアブソーバの製造開始
1975年 台湾のショックアブソーバメーカー、開発工業股有限公司に資本参加
1985年 東京証券取引所市場第一部に指定
1993年 精機技研工業株式会社と合併し、商号を株式会社ショーワと変更。パワーステアリングの製造開始
2002年 中国に上海昭和汽車配件有限公司を設立
2018年 ドイツにショーワ・ドイチュランド・ゲーエムベーハーを設立
企業の特徴 【概要・特徴】
東証一部上場、ホンダ系列の自動車部品メーカー。ショックアブソーバやステアリングなどの製造・販売を行っています。国内の全完成車メーカー、海外の完成車・二輪車メーカーなど、幅広く取引を行っており、中でもホンダ製車種の約9割に、同社製品が使用されています。また、世界11カ国に25カ所の拠点、12,000名以上の従業員を擁し、グローバルに事業を展開しています。

【主要製品】
四輪車用ショックアブソーバは、基本性能を向上させたコンベンショナルダンパーや同社独自技術を駆使した電子制御式ダンパーなどを展開。操縦安定性と乗り心地の両立を実現しています。また、協調制御や自動運転を見据え、サスペンションとステアリングシステムなどを相互に協調制御する開発にも取り組んでいます。二輪車用ショックアブソーバでは、世界シェアトップを獲得。世界最高峰のロードレースやモトクロスレースで培った技術を量産品にフィードバックし、同社独自技術を駆使した製品を含めた製品を展開しています。

【注力分野】
生産効率を2倍に高める目標を掲げ、国内の生産ラインを刷新し、自動化設備の導入やIoTの活用、作業負担の軽減など生産性向上に注力。今後、海外の関連会社にも水平展開していく考えです。また、自動運転など将来技術の開発を目的に、栃木開発センター内に全長1.5Kmのワインディングコースを併設。DPA-EPS第2世代やBRA-EPS、軽量ダンパーなどの次世代製品の実車実験により、製品力を強化する方針です。
待遇・福利厚生
保険
:健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金
諸手当
:通勤手当、住宅手当、家族手当、時間外手当
休日休暇
:年間122日/(内訳)完全週休2日制(土日)、夏期休暇、年末年始、有給休暇、GW休暇、育児休暇
その他
:寮・社宅、財形貯蓄、社員持株、退職金制度、厚生年金基金、健保直営保養施設(全国5か所、猪苗代、箱根、浜松、鳥羽、湯布院)、契約保養所1500ヶ所、従業員車輛販売、退職年金 等

コンサルタントコメント

東証1部上場の自動車部品サプライヤーでのエンジニア求人です。福利厚生や休日の制度も充実しており、残業も少ないのが特徴です。エンジニアとしてのスキルを磨きながら、長期就業できる魅力があります。

この求人について問い合わせる