1. E&M JOBS ホーム>
  2. はじめての転職>
  3. 退職時に必要な手続き

STEP 05 入社・退社の準備をする

退職時に必要な手続き退職時に必要な手続きを念のため把握しておこう

転職時には、税金や保険、年金にまつわる手続きが必要になります。難しそうで心配になる人も多いかもしれませんが、前職から1日も間を開けずに転職する場合は基本的にはすべて会社がやってくれるので、あまり心配する必要はありません。
ただし、小規模な会社などでは担当者が忙しく、自分から言わないと忘れられているケースも。退職の1週間前になっても何の連絡もなければ、「退職の手続きはどうなっていますか?」と該当部署に声をかけてみましょう。

以下に退職時に会社から受け取るもの、会社に返すものをまとめました。会社から受け取るものは、そのまま次の会社での手続きに必要になるので、しっかりと保管しておきましょう。

会社から受け取るもの

  • 雇用保険被保険者証(会社が保管している場合)
  • 源泉徴収票
  • 年金手帳(会社が保管している場合)

※退職後に郵送される場合もあるので、いつもらえるのか必ず確認を。

会社に返すもの

  • 健康保険証
  • 社員証やIDカード、社章など
  • 名刺(自分のもの、取引先などから受け取ったもの)
  • 通勤定期券(現物支給の場合。交通費が支給され、個人で定期券を購入している場合は人事に確認を)
  • 管理していた鍵など
  • 業務に関係する資料(企画書やデータ、プログラムなどを含む)
  • 制服や作業着(クリーニングして返却)
  • 経費で購入した書籍や備品

受け取る書類を会社から受け取ってしっかりと保管し、返却するものは忘れずに。立つ鳥跡を濁さずの精神で、退職に必要な手続きを滞りなく済ませましょう。

column 退職後、すぐに転職しない場合は

転職先が決まっていないまま退職する、あるいは転職先は決まっているけれどもブランクが空く場合は、年金や保険の手続きを自分で行うことになります。また、失業保険をもらう場合も申請が必要です。
再就職のタイミングによって、これらの手続きが必要になるかどうかはそれぞれ異なります。煩雑になりますので、しっかり調べて対応しましょう。

健康保険 家族の扶養に入る、国民年金に切り替える、
現在の保険を任意継続するなどの手続きが必要
年金 再就職のタイミングによっては国民年金への切り替え手続きが必要
所得税 再就職しないまま年を越す場合は確定申告が必要
雇用保険 手続きをすれば一定の待機期間後に失業給付金がもらえる

また、これらのケースでは、上記以外にも会社から受け取るものがありますので注意してください。

会社から受け取るもの
  • 雇用保険被保険者離職票(失業保険の申請に必要)
  • 健康保険・厚生年金被保険者資格喪失証明書など(健康保険の切り替えに必要)

他の記事を読む

STEP 05 入社・退社の準備をする

  1. 01. 内定が出たら
  2. 02. 退職交渉・切り出し方
  3. 03. 退職時に必要な手続き
  4. 04. 入社前に確認すべきこと