1. E&M JOBS ホーム>
  2. 用語辞典>
  3. 電磁力

電磁力

よみ
でんじりょく

 磁界中に導体を置いてこれに電流を流すと、磁界と電流との間に力が働く。これを電磁力という。この力の向きはフレミングの左手の法則に従い、左手の人指し指、中指および親指を互いに直角に開き、人指し指を磁界の方向、中指を電流の方向にとれば、導体に働く力は親指の方向に加わる。電磁力の大きさ$$F$$は、磁束密度を$$B〔\mathrm{T}〕$$、電流を$$I〔\mathrm{A}〕$$、導体の長さを$$l〔\mathrm{m}〕$$とすれば、

  $$F=BIl〔\mathrm{N}〕$$

で表される。もし導体を磁界の方向と$$\varphi$$の角度に置いたときは、次式となる。

  $$F=BIl \sin \varphi〔\mathrm{N}〕$$

カテゴリ

カテゴリーから探す